薬を飲む男性と髪が薄い男性
薬を飲む男性

男性特有の脱毛症であるAGAは、プロペシアで治療することができます。アメリカの製薬メーカーで開発されたプロペシアは、世界60カ国以上で使用されているAGAの治療薬で、抜け毛を減らして薄毛を改善するといわれています。

プロペシアは決して安価だとはいえませんが、手頃な価格で手に入るジェネリックが複数種類販売されています。今後AGA治療を検討しているという人は、まずはジェネリックを試してみるといいでしょう。

長期治療におすすめ!エフペシアの特徴をご紹介します

プロペシアのジェネリックといえば、フィンペシアやフィナックスが有名ですが、近年注目を集めているのがエフぺシアです。先に販売されていたフィンペシアのコーティング剤に、発がん作用があるという噂が立ったことをきっかけに、一気に普及しました。元々は根拠のない噂のために、代替品として広まったエフペシアでしたが、従来のAGA治療薬よりも優れている点がたくさんあるため、現在は多くのリピーターを獲得しています。

エフペシアは従来のAGA治療薬とは違い、非常にコストパフォーマンスに優れているといえます。通常、プロペシアジェネリックは30錠から50錠単位で販売されているのに対し、100錠から150錠という大容量で販売されています。300錠単位で販売されていることもあるので、長期的に治療を考えている人には最適だといえるでしょう。価格も他のプロペシアジェネリックよりも安価で、プロペシアと比較すると10分の1程度の価格で購入できます。極力AGAの治療費を抑えたいという人は、通販を利用してをプロペシアのジェネリックを購入してみましょう。

エフペシアがAGA治療薬として人気を集めている理由は、コストパフォーマンスに優れているという点以外にも、効果の高さが挙げられます。インドの大手製薬メーカーで開発されたエフペシアには、プロペシア同様に、脱毛抑制効果の有効成分であるフィナステリドが含まれています。フィナステリドとは、AGAの原因である脱毛ホルモンの生成を抑え、薄毛の進行を防ぐ効果が期待できる成分です。フィナステリドには直接的な増毛効果はありませんが、抜け毛を防ぐことで残った毛が成長するため、結果的に毛が増えたと実感できるのではないでしょうか。

また、薄毛や抜け毛を改善するだけでなく、頭皮の毛母細胞を活性化する働きもあります。そのため、抜け毛が減って毛量が増えるだけでなく、髪の毛のコシやハリを取り戻す髪質改善効果も期待できるでしょう。男性も年齢を重ねるごとに、髪の毛のコシやハリが失われる傾向にあります。AGAの治療を行いながら、美しくたくましい髪の毛を手に入れましょう。

エフペシアには、一錠につき1mgのフィナステリドが含まれています。フィナステリド1mgが一日に推奨される容量であり、一日一錠飲用することが、AGAの治療において最適だとされています。一錠で十分に高い効果が臨めるので、早く効果を実感したいからといって、過剰摂取しないように注意しましょう。定められた一日の摂取量を超えてしまうと、副作用が現れることがあります。過剰に摂取してしまった場合は、早急にかかりつけの医師に相談してみてください。

近年は、男性だけでなく女性の中にも薄毛に悩む人は増えていますが、プロペシアジェネリックは、あくまでAGAの専用治療薬です。女性の服用は禁止されているので、身近な女性に勧めたり夫婦やカップルで兼用してはいけません。特に妊娠中の女性が服用すると、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。服用せずとも、錠剤に触れるだけで皮膚から有効成分が吸収される可能性があるので、扱いには十分注意しましょう。

一般的にAGAの治療というと、専門のクリニックに通って、高額な治療費を払わなければならないというイメージを持つ人が少なくありません。しかし、エフペシアを利用すれば、一日に一度錠剤を服用するだけで効果を実感することができます。また、インターネットの通信販売サービスで簡単に手に入るため、誰でも気軽にAGA治療に挑戦することが可能です。中でもエフペシアには、他のプロペシアジェネリックとは違い、魅力的な特徴がたくさんあります。AGA治療に抵抗があるという人は、まずはエフペシアから試してみてください。優れたコストパフォーマンスと高い効果を実感できれば、他のAGA治療に挫折したという人でも無理なくAGA治療に臨めるのではないでしょうか。